ニュージーランド移住を目指す夫婦のブログ

まずははじめの一歩、2018年11月から南島オアマルで生活をはじめました。

【初心者なりに調べてみた】NZで投資にかかる税金

本当はプロの方(Accountant)にいろいろお聞きしてみたいですが、、金銭的余裕がないので自分なりにIRDのサイトなどで勉強してみました。

間違っているところが多々あるかもしれません。。投資をされている諸先輩方、もし間違いがありましたらご指摘いただけるとうれしいです!

※本記事は、ニュージーランドのTax residentの場合について調べたものです。

 

 

全体像をまとめてみました。

f:id:takeus:20200630180859j:plain

 

RWT(Resident Withholding Tax)

RWTは、銀行の利息や投資分配金等に対してかかる一般的な税金で、収入の種類によって税率が異なる。税金は源泉徴収される。
投資家は投資会社に自分のIRD番号を通知する義務があり、通知していない場合はnon-declaration rateとして45%で課税される(2020年4月1日から)。

1.銀行のSaving口座やTerm depositからの利息

年間所得に応じて税率が変わる。

f:id:takeus:20200523190058j:plain
IRD- New Zealand residents with interest and dividends from New Zealand bank accounts and investments

2.投資による配当金/分配金

一律で33%。ただし例外として、投資先がPIE(次の項参照)に該当する場合はPIE独自の税制が適用される。

 

参考:
ニュージーランド政府- Tax on investments and savings
IRD- Resident Withholding Tax(RWT)
IRD- New Zealand residents with interest and dividends from New Zealand bank accounts and investments

 

PIE(Portfolio Investment Entity)とその税制

日本語にすると「ポートフォリオ投資事業体」で、様々な種類の投資に分散投資している事業体をいう。IRDによって登録管理されている。

A portfolio investment entity (PIE)—such as a managed fund—invests the contributions from investors in different types of investments.

IRD- Information for resident individuals who invest in PIEs  

PIEにはいくつか種類があり、どのPIEに投資しているかで課税ルールが異なる。代表的なPIEの種類に「MRP(Multi-rate PIE)」と「Listed PIE」がある。

1.Multi-rate PIE(MRP) 

PIE fund(PIE投資信託)の多くはMRPである。Kiwi Saverもこれにあたる。
MRPでは年間所得に応じて税率が変わり、この税率を「PIR(Prescribed Investor Rate)」という。PIRは直近過去2年間のうち所得が少なかったほうの年をもとに計算され、売却時または毎年度末に源泉徴収される。IRDのサイト上にPIRの計算ページも用意されている(こちら)。

PIR
f:id:takeus:20200524175214j:plain
IRD- Using prescribed investor rates


ただし例外として、以下がある。

  • 投資家は投資会社に自分のIRD番号とPIRを通知する義務があり、通知していない場合は28%で課税される。これが実際の自身のPIRよりも高かったとしてもリファンドされない。また、誤って実際よりも高いPIRで投資会社に通知してしまっていた場合もリファンドされない。逆に実際よりも低いPIRで通知していた場合は、年度末のTax assesment/returnで追徴課税される(罰金が発生する可能性もあり)。
  • 投資開始後、四半期以内にそのMRPから退会した(全資金を引き下ろした)場合は税率0%となる。

 

参考:
IRD- Portfolio investment entities(PIEs) for New Zealand resident
IRD- Information for resident individuals who invest in PIEs (PDF)
InvestNow- Investor Tax Guide (PDF)

2.Listed-PIE

上場型のPIE商品を「Listed-PIE」という。Smartshare社のETFなどがそうである。
Listed-PIEの配当金に対しては一律28%で課税されるが、これは投資会社等によって支払われており、多くの場合 imputation credits として投資家個人の税額から控除される。

imputation creditsとは

国による二重課税を防ぐことを目的としたもので、日本語ではこの税処理方法を「法人税株主帰属方式」や「インピュテーション方式」などと呼ばれる。
インピュテーション方式では、投資家への課税は以下のように計算される:

・投資家が受け取った配当金額を「$A」とする
・投資会社等が支払った税額を「$B」とする  ←これがimputation credits

投資家が納税すべき税額=  ($A$B) × 自身のRWT% $B

つまり、配当金額と法人税額の合計に対して所得税がかかり、そこから法人税額を控除した額が納税額となる。そのため自分のRWTが28%よりも低い場合は、28%課税は払い過ぎとなるので年度末にTax return(IR3)を行うとリファンドされる。 

 

参考:
InvestNow- FAQs: PIEs and PIE tax
InvestNow- Investor Tax Guide (PDF)
Money King NZ- What taxes do you need to pay on  your investments in New Zealand?

imputation creditsの参考:
税大ジャーナル 2008.6 酒井克彦 会社の利益処分と所得税, p.60-
Youtube- Rask Australia "Explained: What are franking credits?" 

 

FIF(Foreign Investment Fund)とその税制

ニュージーランド国外の投資は「FIF」と呼ばれ、独自の税制が適用される。Vanguard社の商品や米国株式などがFIFである。投資額が$50,000以上がそれ未満かで、対応が異なる。

1.$50,000以上

FIF独自の税制「FIF rule」に基づき、保有しているFIF投資に対する税額を投資家自身で計算し、毎年度末にTax return(IR3)を行わなければならない。計算方法は下の2通りあり、どちらか好きなほうを選択してよい。
正直まったく理解できなかったので、とりあえずInvestNowの説明を貼り付けます:

Fair Dividend Rate (FDR)
- 5% of the opening market value at the beginning of the income year, plus a quick sale adjustment if you bought and then subsequently sold units in the same fund during the year.


Comparative Value (CV)

– Closing value plus gains, minus opening value plus costs. Gains include dividends, sale proceeds and tax credits. Costs include the cost of buying units, along with foreign income tax paid by you directly on income of the FIF (i.e. this would not ordinarily include withholding taxes).

InvestNow- Investor Tax Guide (PDF)

IRDのサイト上に計算フォームも用紙されている(こちら)。

なおInvestNow経由で投資している場合は、InvestNowが「Tax Summary Report」でどちらの額も自動計算してくれる。

2.$50,000未満

投資額が$50,000未満*1の場合は「de minimis exemption」に該当し、FIF ruleの適用外となり、FIFから実際に受け取った配当金/分配金に対してのみRWTで課税される。FIFからの配当金/分配金の合計が$200以上ある場合は Tax return(IR3)を行わなければならない。
なお、de minimis exemptionに該当する者であっても、FIF ruleを希望する場合はFIF ruleでの納税が可能。ただし、その後4年間はFIF ruleを適用し続けなくてはならない。

 

FIFのTax returnでの記入方法については、こちらの方の動画が分かりやすかったです。

Youtube- Henk Hustle Investing "How To Do Your FIF Taxes For Investnow, Hatch, Stake"

 

参考:
InvestNow- Investor Tax Guide (PDF)
Money King NZ- What taxes do you need to pay on  your investments in New Zealand?
IRD- Foreign investment fund rules exemptions
IRD- Individual income tax return -IR3
FNZ- FNZ Tax User Guide 2018 (PDF)

税金の免除

税金を免除してもらえる場合がいくつかある。

1.RWTの免除

下の条件に該当すればRWTの免除を申請できる。免除申請が通った場合はRWT支払機関(銀行など)にその旨を伝える。

f:id:takeus:20200630110737j:plain

IRD- Getting an exemption from paying desident withholding tax (RWT)

2.Transitional tax resident(暫定税居住者)の海外収入

新しくニュージーランドに来たばかりの移民や、直近10年以上ニュージーランド国外にいて戻ってきた者は「Transitional tax resident」に該当し、Tax resident(NZ税居住者)になってから最初の4年間はほとんどの海外収入は課税が免除される。
該当者には自動でこの免除が適用されるが、利用できるのは一生のうち1回だけである。もし希望する場合はTransitional tax residentであることを解除できる。

▼左が課税免除されるもの、右は免除されないもの

f:id:takeus:20200630113901j:plainIRD- Temporary tax exemption

 

4年以内であっても、以下の場合は免除が終了する。

  • 解除を申し出たとき
  • あなた自身またはパートナーがWorking for Families Tax Creditsを申請したとき
  • non-resident taxpayerになったとき

※Working for Families Tax Creditsについてはこちら↓ 

Tax returnについて

個人収入に対する税金の計算は年度単位(4月1日~翌3月31日)で行われる。これを「Tax year」という。

毎年Tax yearの終了から数ヶ月以内に、IRDから「income tax assesment」が送らてくる。このアセスメントはIRDが把握している収入の情報に基づき作成される。

IRDが把握していない収入がある場合は、Tax return手続き(IR3)を行わなければならない。FIFで50,000ドル以上投資している場合やFIFからの収入が200ドル以上ある場合などがそうである。
RWTやPIEについては基本的にTax returnをする必要はないが、Listed-PIEに投資していて自分のRWTが28%よりも低い場合はTax returnを行うことでリファンドが期待できる。

なお、Tax returnを行う場合は、income tax assesmentに記載されているものも含むすべての収入を報告する必要がある。(ただしPIEについては省いてよい)

 

参考:Money King NZ- What taxes do you need to pay on  your investments in New Zealand?

 

以上です!

*1:厳密にいうと " the total cost of your FIF investments did not exceed NZ$50,000 at any point during the income year" 。
参考:InvestNow- Investor Tax Guide (PDF)